この人と、旅をする Hitotabi

ツアー&イベント

北海道

2021年8月19日(木)~22日(日) 4日間
満席

【北海道のひとたび】
カヌーとキャンプと、羊を巡る冒険2021
~道北カナディアンカヌー&キャンプ~

カナディアンカヌーには最小限の暮らしの道具を積み込んで、いくつも山並みをこえて、波立つ瀬もたくさん乗り越えて、おおらかでデッカイ風景を進みます。なにもない河原でのキャンプはきっと心に残る記憶に。。。川からあがったら、村上春樹の「羊をめぐる冒険」の舞台かも(?)といわれる仁宇布への宿「ファームイントント」へ。オーナーが経営する農場で育てた羊とビールで乾杯しましょう。
【新型コロナ感染防止に心がけること】
・ガイドツアーは基本的には野外での活動ですがまた対人での活動でもあります。3密な状況を出来る限り作らない、会話や咳などでの飛沫を飛ばさない、石鹸や消毒液で手を洗う等基本的な新型コロナウイルス感染予防策をとりながらツアーを行います。
・発熱や倦怠感など、新型コロナウイルスを疑われる症状のある方、またはご家族や近しい方に症状のある方はガイドツアー参加を見合わせて頂くようお願いいたします。また、ガイド自身に症状が見られる場合にもツアーを中止させて頂きます。
・ガイド車両、ライフジャケット、パドル等、共有の機材につきましては使用後、消毒液等で消毒することを心がけます。
・ガイド車両の同乗が必要な場合は移動中の車両も換気を心がけます。また車内ではマスクの着用をお願いいたします。
・日々更新される新型コロナウイルスの最新情報や感染拡大状況等に注視しながら、柔軟に可能な限り対策に対応していきます。
【ご参加にあたってのお願い】
・ツアーご参加前に検温・体調チェックをお願いいたします。
・車内・屋内での行動中はマスク着用をお願いいたします。(マスクをご持参ください)
・マスク、消毒液など衛生用品、体温計など、できるだけ自身で使うものをご持参いただくようお願いいたします。

基本条件

日程
2021年8月19日(木)~8月22日(日) 4日間
定員
5名
集合
JR名寄駅(宗谷本線)
解散
JR美深駅(宗谷本線)
旅行代金
74,000円(消費税込)
ガイド
river trip CAMEL

お申し込みはこちら

日程表

1日目:集合~朱鞠内湖(または天塩川)

食事:朝×、昼×、夕○ / キャンプ場(または河原)、テント泊

12:40
JR名寄駅集合(一例:旭川駅11:30-名寄駅12:39着)
集合後、買い出しをして車で朱鞠内湖(または天塩川)へ移動
*キャンプ場の混雑具合など状況をふまえて決定します
キャンプを設営したら、カヌーの時間
夜は夕食&焚火を囲んでゆっくりしましょう
2日目:天塩川(朱鞠内湖)

食事:朝○、昼○、夕○ / 河原、テント泊

朝食後、キャンプ撤収して、川下りスタート
*スタート地点によって車移動の可能性もあります
瀬を越え淵を抜け慎重に、じっくりと道北の風景に浸りながら進みましょう
キャンプ地の河原に辿り着いたらキャンプを張って乾杯!
3日目:天塩川~美深(仁宇布)

食事:朝○、昼○、夕○ / 民宿泊

終日
キャンプを撤収してカヌーに積んだら、この日も川下りスタート。今日は一日たっぷり川の時間。さらに北へと力強い大河、でっかい空を(期待して)漕ぎ進みます。
ゴール後は、村上春樹の「羊をめぐる冒険」の舞台になった(?)ともいわれる仁宇布へ。宿泊先のファームイントントで羊肉をいただきます
メンバーでクラフトビールを樽購入もできます。参加者で相談しましょう。(別料金)
4日目:解散

食事:朝○、昼×、夕×

朝食後、解散
*9:04美深駅発 JR宗谷本線 特急サロベツ2号 旭川行に間に合うように送迎します
  • *行程はあくまで予定。天候、水量などによってコースや内容を変更することがあります。
  • *ツアー中の食事は自炊です。参加者で協力して作ります。
  • *天塩川カヌーキャンプ中に必要な荷物は、防水バッグ(レンタル有)に入れ、カヌーに載せて移動します。
  • *河原でのキャンプは、トイレ、シャワーはありません。

旅行代金に含まれるもの

  • ・1泊分のキャンプ場施設利用料(朱鞠内湖の場合)
  • ・1泊分の宿泊料(民宿/男女別相部屋)
  • ・旅程に記載している食事代
  • ・カヌー用具一式(カヌー、パドル、ライフジャケット)のレンタル費
  • ・集合~解散までの車両移動費
  • ・現地ガイド料

旅行代金に含まれないもの

ツアー費用に含まれるもの以外。下記はその一部です。

  • ・現地までの交通費(飛行機、バス、電車)
  • ・レンタル代(テント、防水バッグ)*下記参照
  • ・ツアー費用に含まれない食事、食料品、飲料品購入費

宿泊予定

1、2泊目:テント
3泊目:ファームイントント

持ち物の目安

  • ・テント(人数に合った大きさのもの)*レンタルあり
  • ・寝袋(スリーシーズン用)
  • ・マット(コンパクトになるエアーマットや、銀マット)
  • ・ウォータープルーフバック(大小2つあるとベストです。旅の荷物を入れる大きいもの(60Lくらい)と、川下りに持っていくもの(雨具・着替え・食器・トイレセットなど)を入れる小さめのもの。(30Lくらい)*レンタルあり
  • ・食器セット(お皿、お椀、箸、スプーン、カップなど。食器を拭きとる布巾あると便利です)
  • ・ヘッドランプ(懐中電灯より便利。予備の電池もお忘れなく)
  • ・雨具(上下セパレートのもの。ゴアテックスなど防水・透湿性の優れたものを用意下さい。)
  • ・動きやすく乾きやすい服装(化繊の上下が基本です。Gパンや綿TシャツはNGです。)
  • ・長袖、長ズボン(寒さ対策や虫よけのためにも長袖長ズボンの準備も必要です。)
  • ・暖かい上着(夏でも防寒着が必要です。フリース+ライトダウンがあれば安心。)
  • ・着替え(シャツ・ズボンの上下、靴下、下着類などなど。)
  • ・靴(パドリングシューズや踵の止まるスポーツサンダル等/陸用(キャンプ地)の靴 両方あると便利。)
  • ・帽子(視界をふさがないもの。風に飛ばされにくいもの)
  • ・タオル(何枚か。手ぬぐいも乾きやすくかさ張らずおススメ!)
  • ・トイレセット(トイレットペーパー、ジップロックやビニール袋、ライター)
  • ・虫よけ、虫さされ薬
  • ・水、飲みもの
  • ・サングラス
  • ・日焼け止め
  • ・眼鏡バンド(眼鏡の方)
  • ・常備薬
  • ・保険証
  • ・お酒(焚き火を囲んで、夜の楽しみ)
  • ・行動食(甘いもの。チョコレートなど)
  • ・本・楽器・釣り道具など(川旅の楽しみの一つ。旅に連れていきたいあれこれ)
  • ・カメラ(防水対策をお忘れなく)
  • レンタル費用について

    3日間の料金/予約制/現地払い

    • ・テント 1,000円 *一人ずつまたは1グループずつ
    • ・防水バッグ(キャンプ用60L) 500円
    • ・防水バッグ(カヌー用30L) 500円

    お客さまへのご案内

    お申込み方法

    WEBの予約フォーム(下記予約する)からお申し込みください。
    お申込みを確認後、電話またはメールで、こちらから折り返し確認のご連絡をさせて頂きます。
    *WEBの予約フォームからのお申込みができない場合には、お知らせください。

    • *お申込みは先着順となります。予約フォームから送信できても、満席となっている場合があります。
    • *予約フォーム送信後に、3営業日以上たってもご連絡がない場合は、何らかのトラブルでお申し込みが届いていない可能性がございます。お手数ですが、ご連絡ください。

    予約する

    定員とお申込み期限について

    先着5名様にて締め切らせていただきます。

    お支払について

    お申込み確認後、メールで請求書をお送りします。期日までに旅行代金全額をお支払ください。
    旅行契約は、当社が旅行代金を受理した時点で成立します。

    振込先
    三菱UFJ銀行 下北沢支店 (普)0363639 カ)ヒトタビ
    楽天銀行 第一営業支店 (普)7850490 カ)ヒトタビ
    • *振込手数料はお客様にてご負担ください。
    旅行企画・実施

    株式会社ワイルド・ナビゲーション
    観光庁長官登録旅行業1753号 日本旅行業協会(JATA)正会員
    〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-5-7 Field 502
    総合旅行業務取扱管理者:宮田義明

    受託販売(お問い合わせ・ご予約はこちら)

    株式会社ひとたび
    東京都知事登録旅行業第3-6790号
    〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-5-7 Field 502
    総合旅行業務取扱管理者:南雲直樹
    TEL:03-6459-7433 / FAX:03-6459-7432
    E-mail:info@hitotabi.co.jp

北海道・道北 美深町
カナディアンカヌー、ドリフトボート(釣り)、雪板

river trip CAMEL
辻 亮多(リョータ)
river trip CAMELは、北・北海道の水辺や自然の旅をご案内する小さなガイド屋です。最北へ向かう大河・天塩川や、極北の湖ともいわれる朱鞠内湖をメインフィールドに、カヌーを使った水辺の旅や、ドリフトボートでの川下りフィッシングをご案内しています。パドルから水を感じる。釣り糸を通して流れと繋がる。カヌーやボートフィッシングの旅を通して、自然と繋がるよろこびと水の自由さを多くの人に感じてほしいと願っています。
冬は、雪上のサーフィン゛雪板゛をメインに雪遊びを積極的に提案しています。