この人と、旅をする Hitotabi

ツアー&イベント

山形県

2019年7月14日(日)~7月15日(月・祝)

催行中止【山のひとたび】
ネパールガイド&極地建築家と歩く山形蔵王

ネパールのトレッキングガイドのサティスは、1年のうちの数ヶ月は家族が住む山形に滞在しています。サティスとは山で会いたいという思いから、山形の旅を企画しました。夜には、サティスのネパールカレー&トークも予定しています。
さらに、サティスとの親交が厚い極地建築科の村上祐資さんがサポートとして参加します。
いつかネパールの山を歩きたい、という方はこの機会にぜひ!

基本条件

日程
2019年7月14日(日)~15日(月・祝) 2日間
定員
12名
集合・解散場所
JR山形駅
旅行代金
27,000円 *消費税込
ガイド
サティス、村上祐資

お申し込みはこちら

日程表

7/14

食事:朝×、昼×、夕○ / 一軒家泊

9:00
JR山形駅集合、車で蔵王へ
*新幹線つばさ(6:12-8:57)利用で参加可能です
*朝食は済ませてきてください。
*昼食は各自でご用意ください
10:00頃
蔵王ロープウェイ山麓駅到着、準備
10:30頃
ロープウェイで地蔵山頂駅へ(個人負担)
ハイキングで、熊野岳&お釜へ
*約5km(4-5時間)のハイキングを予定しています。
15:00頃
蔵王ロープウェイ山麓駅到着、宿へ
夕方
温泉街散策、温泉入浴(個人負担)
サティスのネパールナイト
ネパールカレー&トーク
夕食はサティスがネパールカレーを作ります。それ以外は食材を購入してみんなで作りましょう(個人負担)
7/15

食事:朝○、昼×、夕×

自炊、みんなで食材を購入して作りましょう。ネパールの朝食、チャパティがあるかも・・・
終日
蔵王の別ルートを歩くまたは、車で立石寺(山寺)へ
*参加者と相談して決めます
午後
時間があれば温泉へ(個人負担)
16:30頃
JR山形駅解散
参考:山形17:05-東京19:48
  • *天候により、安全のために旅程を変更する場合があります
  • *前泊希望の方はご相談ください/スタッフと同じゲストハウスをお取りできます(先着4名)
蔵王についてはこちら

旅行代金に含まれるもの

  • ・1泊分の宿泊費(相部屋)
  • ・旅程に記載している食事代(ネパールカレー、チャパティ)
  • ・車両移動費
  • ・ガイド料

旅行代金に含まれないもの

ツアー費用に含まれるもの以外。下記はその一部です。

  • ・集合場所まで、解散場所からの交通費
  • ・ツアー費用に含まれない食事、食料品・飲料品の購入費
  • ・ロープウェイ費
  • ・旅程に記載のない施設入場料
  • ・温泉代

宿泊予定

SANGORO ONSEN LODGE

お客さまへのご案内

お申込み方法

WEBの予約フォーム(下記予約する)からお申し込みください。
お申込みを確認後、電話またはメールで、こちらから折り返し確認のご連絡をさせて頂きます。
*WEBの予約フォームからのお申込みができない場合には、お知らせください。

  • *お申込みは、先着順となります。予約フォームから送信できても、満席となっている場合があります。
  • *予約フォーム送信後に、3営業日以上たってもご連絡がない場合は、何らかのトラブルでお申し込みが届いていない可能性がございます。お手数ですが、ご連絡ください。

予約する

定員とお申込み期限について

先着12名様にて締め切らせていただきます。6月26日までに7名様の申込みがない場合、ツアーは催行されない場合もあります。

お支払について

お申込み確認後、メールで請求書をお送りします。3日以内に、旅行代金全額をお支払ください。
旅行契約は、当社が旅行代金を受理した時点で成立します。

振込先:三菱UFJ銀行 下北沢支店 (普)0363639 カ)ヒトタビ
  • *振込手数料はお客様にてご負担ください。

企画・実施会社

旅行企画・実施

株式会社ワイルド・ナビゲーション
観光庁長官登録旅行業1753号 日本旅行業協会(JATA)正会員
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-7-10 えびす第3ビル9F
総合旅行業務取扱管理者:宮田義明

受託販売(お問い合わせ・ご予約はこちら)

株式会社ひとたび
東京都知事登録旅行業第3-6790号
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-7-10 えびす第3ビル9F
総合旅行業務取扱管理者:南雲直樹
TEL:03-5784-3982 / FAX:03-5784-3981
E-mail:info@hitotabi.co.jp

ネパール
トレッキングガイド

Nireka Adventures
Satish Pati(サティス)
旅の成功に欠かせない重大要素は信頼できるガイドです。サティスは強健かつ心優しい,日本人の妻子を持つ一家のパパです。17歳で母国ネパールの旅行ガイドを始め,やがて日本の旅行会社にも勤めました。アウトドアに飽くなき情熱を抱く彼は,やがてニレカ・アドベンチャーズを立ち上げました。*ニレカとは,エベレスト街道・チョラ峠の脇にある,サティスがこよなく愛する美しい山のことです。 ネパールでは珍しいことですが,チームリーダー自ら先頭に立ってトレッキングや高山登山のお世話をし,スタッフを含め,誰をも公平かつ大切に扱うことから,周囲の絶大なる信頼を勝ち得ています。その責任感の強さは,多くの明峰を制するプロ登山家としてのその腕と経験にも豊かに反映されています。アメリカSOLO主宰のWFR(野外救急)にも定期的に受講・合格し,高い安全意識と高度な技術を身につけるのみならず,英語,日本語,ネパール語,ヒンディー語など,様々な言語を自在にこなし,あなたと現地との良き橋渡しとして,有能かつ頼もしいパートナーとなることでしょう。 オンシーズンは,ネパールのガイドやロッククライミングの指導を務め,オフシーズンは,日本でトレッキングのアシスタント・ガイドをしています。このように,自転車操業で走り回っていますが,一度彼と歩いた人々は,リピーターとなって戻ってこられます。彼のその美徳が人々を魅了するのです。

極地建築家

村上 祐資
1978年生まれ。南極やヒマラヤなど、極地とよばれる厳しい環境にある美しい暮らし方を探すために、様々な極地の生活を踏査してきた極地建築家。
2008年に第50次日本南極地域観測隊に越冬隊員として参加し、日本の南極観測基地である昭和基地で15ヶ月間にわたりミッションスペシャリストとして地球物理観測に従事。
2013年に The Mars Society が計画を発表した長期の模擬火星実験 Mars160では、三年間にわたる選考を経て副隊長に選ばれ、2017年に地球にある二つの模擬火星環境、米ユタ州ウェイネ砂漠のMDRS基地および北極圏デヴォン島のFMARS基地で、計160日間の実験生活を完遂した。続く2018年のMDRS Crew191 TEAM ASIAでは隊長を務めた。これまでに積み重ねてきた極地での生活経験は1000日を越え、人間が生きることと建築の係わりをひも解く“Inter-Survival”をテーマにした活動は、ワークショップやインスタレーション、執筆活動など多岐にわたる。