この人と、旅をする Hitotabi

ツアー&イベント

東京・下北沢

2016年1月20日(水)

終了【イベント】
革のケースづくり&
屋久島の木+αを磨くワークショップ

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 02
  • 04
  • 05
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 02
  • 04
  • 05
屋久島のガイド「森の旅人」の二人が全国をまわって行っている「屋久島の木を磨くワークショップ」と、下北沢の陶芸&革のアーティスト「テラ小屋」の中村夫妻による革のケースづくりを、午前と午後にわけて開催します。
お昼はテラ小屋の中村夫妻が作る野菜中心の優しいごはんを提供します。どちらかのひとつの参加でもOKです。下北沢の静かなアトリエで1日アーテスト気分で過ごしてみてはいかがですか?
午前に作る革のケースは、名刺が入るサイズです。革の色(2種類)、糸の色(5種類)を選び縫っていきます。ボタンのところの刻印もできます。午後の屋久島の木+αを磨くワークショップでは、磨く木を選びますので、このケースに入るサイズを選ぶと、手作りのアクセサリー入れとして持ち運びもできます。

*写真左から
屋久島の木+αを磨くワークショップの様子、磨いた木達、革のケース、お昼ごはん、会場のテラ小屋入口

開催案内

日程
2016年1月20日(水)
開催場所
東京・下北沢「テラ小屋」
〒155-0032 東京都世田谷区代沢4-41-2
>>地図はこちら
内容
革のケースづくり
◎時間:10:45~12:45(10:30受付)
◎料金:3,500円 *材料費含む
◎定員:10名

屋久島の木+αを磨くワークショップ
◎時間:14:15~17:15(14:00受付)
◎料金:2,500円 *材料費別1,000円~
◎定員:20名

*プラス600円でお昼ご飯つきにできます(予約フォームで申込み/10名)
*料金は当日現金でご持参ください(消費税込)
指導
革のケースづくり:テラ小屋(ナカムラサトミさん、中村桜士さん)
屋久島の木+αを磨くワークショップ:森の旅人(ケンちゃん、なおちゃん)

スケジュール

10:30
「革のケースづくり」受付開始
10:45~12:45頃
「革のケースづくり」
12:45
「屋久島の木+αを磨くワークショップ(昼食つき)」受付開始
13:00~14:00頃
昼食(土鍋で炊いたご飯と野菜中心のおかず/予約者のみ)
14:00
「屋久島の木を磨くワークショップ」受付開始
14:15~17:15頃
「屋久島の木+αを磨くワークショップ」

お申込み方法

WEBの予約フォーム(下記予約する)からお申し込みください。自動返信で「ツアー予約受付通知」が届きましたら予約完了です。

*WEBの予約フォームからのお申込みができない場合にはご連絡ください。

  • *お申込みは先着順となります。予約フォームから送信できても、満席となっている場合があります。その場合にはご連絡さしあげます。
  • *予約フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、何らかのトラブルでお申し込みが届いていない可能性がございます。お手数ですがご連絡ください。

予約する

企画・実施会社

(株)ひとたび
〒155-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-7-10 えびす第3ビル9F
TEL:03-5784-3982 E-mail:info@hitotabi.co.jp

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島県・屋久島
トレッキング

森の旅人
高田健太、奈央(けんちゃん、なおちゃん)
2001年、縄文杉に呼ばれ、友人と3人で屋久島を来訪。
その事がきっかけとなり、ガイド業を始める。
その後、屋久島の素晴らしさに魅せられ、永住を決意!
2003年、『森の旅人』を設立。『自然』と『人』との繋がりを大切にしながら、森へと案内致します。

terakoya

東京都世田谷区
陶芸

テラ小屋
中村桜士、紗斗美
下北沢と三軒茶屋の真ん中に『テラ小屋』という陶芸教室を開きました。代官山ヒルサイドテラスで38年間続いた『陶房TERRA代官山』が2012年2月で閉店し、その一部を引き継いでアトリエをつくりました。
皆がつどい、制作し、学ぶ場。このような意味も込めて『テラ小屋』と名付けました。築56年の平屋に少し手を入れて、作陶できる環境にしました。小さな教室ですが、ゆったりと過ごせる空間です。自分にあったコースでお楽しみいただけたら幸いです。

terakoya_logo