この人と、旅をする Hitotabi

ひとたびガイド

KENTARO SAFARI(ケンタローサファリ)
野田 健太郎(ケンタロー)

タンザニア

サファリガイド

kentaro

サバンナを歩き、自転車を漕ぎ、大樹に登る。体を動かし初めて解る世界がある。
そんなオンリーワンの体感型サファリが「ケンタロー'S スペシャル サファリ」だ。
自然に触れて感じよう。自分の足で大地を歩く。
木の実を手に取り、動物の足跡を見つけては、見る、触る、聴く、嗅ぐ。
全ての感覚器を使って動物の物語を手にする。
体を動かし、ほんの少し視点を変えるだけで、大地はまったく知らなかったストーリーを語りかけてくれる。

野田健太郎
FGASA(南アフリカフィールドガイド協会)公認フィールドガイド、トラッカー。 日本エコツーリズム協会会員。元通信社記者。
2008年からタンザニアに在住。「日本語で楽しく分かりやすく」と現地でサファリガイドを始める。インタープリターとして旅行者を案内し現地のオモシロ話を伝える一方、NHKの自然番組の撮影コーディネーターとして、大自然の神秘を映像を通じて届けている

こんなことができます

  • ss_photo01

    SPECIAL SAFARI 1
    大地を歩く
    歩く
    自分の足でサバンナを歩く。
    原始的なその動作は
    原始的な記憶を呼び覚ます。

    動物たちと同じ大地に立つ時。
    かつて僕らが、どんなに無力だったか。
    そんな記憶に触れられる気がする。
  • ss_photo02

    SPECIAL SAFARI 2
    ペダルを踏む
    ひと踏み、ひと踏み、ペダルに踏み込む。
    ひと踏み、ひと踏み、体重をかけて。
    体から汗が吹き出す。
    汗が目に沁みる。
    土ぼこりは、汗と混ざり合い、
    肌の上で、泥パックとなる。
  • ss_photo03

    SPECIAL SAFARI 3
    オールで漕ぐ
    オールをかくと、
    カヌーは静かに水面を滑り出す。
    そんなとき強く感じることがある。
    「水は命」

    命の自然体の姿。
    それが見やすいのがカヌーからのサファリだと思う。
  • ss_photo04

    SPECIAL SAFARI 4
    樹に登る
    樹齢1000年のバオバブの樹を見上げる。
    すると、
    そこには1000年分の自然の叡智が、
    しっかり詰まっている。
    ゆっくりと、そしてしなやかに生きてきた歳月。
    虫、鳥、哺乳類、植物、、
    あらゆる生き物を取り込み、共存し、
    柔軟に生きてきた大樹。
    そこは複雑にからみあった生態系であり、
    ”大先輩”の知恵の宝庫だ。
  • ss_photo05

    SPECIAL SAFARI 5
    キッズサファリ
    サバンナにはいろんな「生きている」がある。
    ゾウの家族の「生きている」、キリンの夫婦の「生きている」、
    はたまたタンザニア人の「生きている」。
    日本の見ている「生きている」とは
    ちょっと形の違う「生きている」。
    それを見ることは、人生にプラスになるだろう。
    僕はそう信じている。

kentaro_logo

KENTARO SAFARI(ケンタローサファリ)
タンザニア アリューシャ
URL:http://kentaro-safari.com/