この人と、旅をする Hitotabi

ひとたびガイド

Napura-works(ナプラ・ワークス)
吉川舞

カンボジア

サンボー・プレイ・クック遺跡

mai

遺跡があって、人が暮らす。体験の交換を通じて、みんなでつくる遺跡と地域の未来を目指しています。
遺跡と地域と訪問者をつなぐ、小さくて確かなつながりの輪が広がっていくように、皆さんの日常の中に少しずつサンボー・プレイ・クックと地域の暮らしをお届けします。

08年早稲田大学人間科学部卒。19歳の夏にカンボジアの遺跡と人々に魅せられ、学生団体を設立。学生時代のほとんどをカンボジアに捧げ「コンサルタント」ではなく「プレイヤー」になるため、卒業と同時にカンボジアへ移住。2008年〜2013年まで遺跡修復チームにて現地広報を担当。遺跡にまつわる様々な情報を、地域の人々と観光客により広く伝える事業を実施。年間1500人以上をご案内。2014 年よりコンポントム州のサンボー・プレイ・クック遺跡群を拠点に「遺跡と地域と観光客の快適な関係」を構築するためにNapura-worksを起業。遺跡や地域の問題解決を、地域と訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくりを実践中。

こんなことができます

  • 02

    サンボー・プレイ・クック遺跡
    サンボー・プレイ・クック遺跡は、アンコール・ワットに先立つこと500年以上前、6世紀から8世紀にかけて建立された王の都と王のための寺院で、カンボジア第三の世界遺産候補ともいわれています。このサンボー・プレイ・クックで、遺跡と村人、訪れる人をつなぐ体験型の旅を提案しています。
ひとたびから
カンボジア・シェムリアップで、クロマーツアーズ&Office Seishironの西村さんに紹介してもらいました。拠点としているサンボー・プレイ・クックの話をしているときの顔が輝いていて、本当に好きなことをやっているんだなと思いました。それまで知らなかったサンボー・プレイ・クックに、この人と一緒に行きたい、そう思いました。目力が強く、おおきな笑顔の女性です。
Napura-works(ナプラ・ワークス)
Siem Reap
URL:https://www.facebook.com/pages/Napura-works/709479959098139